【平井運動公園】荒川下流域のシーバス釣り場

ブログ

荒川下流部の釣り場で、荒川グラウンド脇に位置し、平井運動公園又は小松川運動公園、その他平井大橋、平井荒川などと呼ばれていますが、平井大橋近辺が釣りやすい釣り場となります。

魚種:シーバス、テナガエビ、ハゼなど

駐車場:コインパーキングあり、河川は駐車できない。

検索用住所:東京都江戸川区平井6丁目

基本データ

住所東京都江戸川区平井6丁目
管理者
料金無料
駐車場近くの有料駐車場利用 公園の駐車場はありません
利用時間24時間
休場日なし
交通アクセス平井駅から徒歩
車の場合は、「平井運動公園」を目印としてください。

平井運動公園はどんな釣り場? 釣れる魚の種類は?

釣り場は平井大橋付近がメインとなります。

平井運動公園は、荒川グランドとも呼ばれ、野球場などもあり、近くにトイレも完備されています。

グランド脇にトイレ完備

公衆トイレもあります。
https://goo.gl/maps/euYH89JAmP8fhoVr6

近くにコンビニもあります。

平井大橋から上流|平井運動公園

橋の下付近は、シーバスのポイントとして有名です。ルアー、餌のどちらでも狙えますが、流れがあるので餌釣りの場合は、ウキ釣りよりもぶっ込み(投げ釣り)の方が向いています。

すぐ上流にゴロタ大河あり、シーズンにはテナガエビなどの小物も狙えます。

ゴロタタイのすぐ上流はこのように階段状になつており、船着き場までが釣りやすいポイントで、ぶっ込み仕掛けなどで、シーバス、ウナギなどを狙えます。※船着き場は釣り禁止

これより上流は八広の橋くらいまで、ルアーシーバスのポイントですが、水深が浅いところが多く、これといったポイントはありませんので丹念に探ってください。

平井大橋下流|小松川運動公園

平井王橋を境に、南側が小松川運動公園となります。小松川運動公園は、平井大橋から下流の小松川橋付近までが釣り場となります。

平井周辺で釣れる魚・釣り方紹介

シーバス・スズキ(フッコ)

有名なのは、シーバスのルアーフィシングで、秋の最盛期には人気の釣り場ですが、平井大橋付近よりもややマイナーな釣り場のため、小松川大橋付近の方がやや釣り人が少ない場合が多いです。なお、橋桁を狙う場合は、上流部から川に平行、又はやや下流に向けキャストして斜めに引いてくる(つまり、ダウンキャスト)がよいでしょう。

なお、川の流れの流心にキャストするためにウェーダーを着た本格的なシーバスアングラーもいますが、荒川は流れが速く、水深もあるので非常に危険ですので、自己責任でお願いします。

テナガエビ

ゴロタや護岸際などにいます。夜釣りの方が釣れる印象です。ハゼ釣り仕掛けなどでのべ竿などを利用して釣るのがよいですが、竿はリール竿など短いものであれば、なんでもよいでしょう。

エサは、本格的に狙うのであれば、赤虫ですが、ミミズ、シロサシ、ゴカイ(イソメやジャリメ)、カニカマ、ベビーホタテなどなんでもよいでしょう。

ハゼ

ハゼの場合は、護岸儀での見釣りができる場合は短竿で、チョイ投げでも釣れます。なお、ウキ釣りの場合は、ゴロタのある窪みなどの流れのないところがオススメですが、ウキよりも目印の方がよいでしょう

その他、キビレやクロダイ、ウナギ、マルタウグイなども狙えます。なお、八広あたりまで遡ると、川の要素が強くなりますので、海の魚をターゲットにする場合は、平井大橋近辺から下流かよいでしょう。シーバスはもっと上流でも釣れ、秋ヶ瀬の堰(現在は釣りはできません)あたりまで遡上します。

※平井大橋付近の釣りは、YouTuberの星野よしおさんの動画が参考になりますので掲載します。

推奨仕掛け

ぶっ込み、チョイ投げ仕掛けです。フッコ狙いの場合は、しもり玉などをハリスに付けてもよいでしょう。ウナギ狙いの場合は、1本針、ウナギ針かよいですが、投げ釣り系はいろいろな魚種が釣れるので、マルセイゴ針が万能です。

近所の釣り具店

釣り具のレンタルはありませんので(釣り専用施設ではありません。河原です。)ご用意ください。釣具店は【 つり具の上州屋 江戸川店 】 東京都江戸川区春江町2丁目50−8 が近くにあります。その他、キャスティング北葛西店・錦糸町店もありますが、何れも5Km以上離れていますので、餌などは持参するのがよいでしょう。

平井運動公園への車でのアクセス・駐車場

近くの有料駐車場を利用して下さい。無料の駐車場はありません。現在、河川への車の乗り入れはできません。

車でのアクセス|東京駅からのルート

電車でのアクセス|東京駅から

コメント

タイトルとURLをコピーしました