2020-02

ブログ

【日の出三番瀬沿い緑道】浦安最奥の1級釣り場|シーバス・潮干狩りで有名

日の出三番瀬沿い緑道は、高州海浜公園、浦安電波塔下と並ぶ浦安3大釣場の一つで、浦安市の最東端の釣り場です。車でのアクセスは駐車場からやや遠いものの、徒歩10分程度で釣り場に到着します。有名な三番瀬上にあり、年中シーバスガ釣れ、夏から秋には青物の回遊が見られます、また、潮干狩りでも有名で、アサリや最近ではホンビノスガイなどでも有名です。
ブログ

高州海浜公園|千葉浦安のファミリー向けの広大な釣り場

高州海浜公園は、浦安三釣場の一つで、浦安電波塔(ディズニーシー裏)と浦安市総合運動公園に挟まれた広大な釣り場で、釣り座は、電波塔下と並び、東京湾奥最大とも言われています。車でのアクセスもよく、無料駐車場も完備され、夏から秋の青物シーズンには多くの釣り人で賑わいます。
ブログ

【本牧海釣り施設】復活!!横浜市最大の海釣り施設

本牧釣り施設は、神奈川横浜市中区にある海釣り施設(海釣り公園)です。 横浜市が本牧埠頭D突堤内に開設した海釣り施設で昭和53年7月31日に開園した施設ですから、開園から40年以上経過しています。渡り桟橋(長さ300m×幅10m)の釣り台が沖にL字型に突き出した構造でかすが、護岸前の海底に廃船やコンクリート管などを沈めて魚礁としているため、シーバスやクロダイその他居つきの魚種も多く、横浜市の海釣り施設の中でも、魚影は濃く、屈指のストック量を誇ります。
ブログ

川崎【殿町第2公園】多摩川屈指のウェーディングポイント|シーバスバチ抜けポイント1

殿町公園は、多摩川河口の川崎市側にある公園で、公園わきから河川敷に降りることができます。満潮時はストラクチャー、ゴロダ石などがたくさんあるため、岸際までシーバスが寄ることが多いですが、なんといっても干潮時にウェーディングすることができるのが、シーバスアングラーにとっては醍醐味です。水深がそれほどないため、ウェーダー(胴長)でなくても、ある程度は川の中に入れますが、膝下ぐらいの長靴ではあまり意味がないので、少なくともバカ長( 股まである固い長靴 )はあった方がよいと思います。
ブログ

本牧海釣り施設一部復旧

2019年の台風15号の被害により長らく営業を中止していた本牧海釣り施設が、営業を再開しました。 【ご 案 内】<本牧海づり施設、部分再開のお知らせ>台風15号の被害により営業を休止していました本牧海づり施設につきまして、1月3...