【サビキ仕掛け】実は堤防の最強仕掛け?

ブログ

堤防で初心者向けの仕掛けとしてサビキ仕掛けがあります。

サビキとは、竿を小下する「さびく」が語源と言われていますが、堤防などでよく見かける同地騎士欠けにコマセかごなどを付けた専用仕掛けで、主にアジやイワシなどの海洋性の小物がターゲットです。

3つのサビキ仕掛け

上かご式サビキ仕掛け

上かご式のサビキ仕掛けです。

カゴが上にあり、水中に仕掛けを投げ込み、竿を上下することで上部のコマセかごのアミエビが撒き餌として水中に漂います。

上から餌が沈下することにより、サビキ針(疑似餌)と同調します。

下かご式サビキ仕掛け

カゴが下にあり、水中に仕掛けを投げ込み、竿を上下することで下のコマセかごのアミエビが撒き餌として水中に漂います。

餌をうまくサビキ針(疑似餌)と同調させるため、上部にウキは付けないのが標準的です。

ウキをつけず、重りがコマセかごについているため、仕掛けがからみにくいのが特徴です。

スキンサビキ

サバ皮のサビキ



トリックサビキ

トリックサビキは、冷凍アミエビブロックや専用のエサ付け器を使い張りに餌をつけるタイプのサビキ仕掛けで、場合によっては最強のサビキ仕掛けとも言えます。

通常のサビキで釣れない場合でも、餌をダイレクトに針につけているため、釣果が期待できます。

サビキ仕掛けのターゲット|サビキで釣れる魚

サビキには意図せず大型の魚もかかりますが、基本的には小物狙いです。ただし、不意の大物にも対処できるよう竿はある程度しなって粘れる磯竿をお勧めします。

ターゲット:

アジ、サバ、イワシ(マイワシ、カタクチイワシ)、サッバ、稚鮎、コノシロ、木っ端メジナ、スズメダイ、タカベなど

サビキの餌|基本はアミエビ

サビキの餌は基本的には冷凍のアミエビブロックを解凍して使います。最近は、パックに入った常温の網エサも売っていて、こちらが主流になりつつあります。

なお、サビキ専門の釣り師の中には、餌のアミエビに独自の配合エサを調合し、オリジナルの撒き餌を作る釣り人もいますので、ぜひ研究してみてください。

サビキ釣りができる釣り場の一例

コメント

タイトルとURLをコピーしました