【福浦岸壁】横浜八景島横の広大な釣り公園

ブログ

東京湾岸でも横浜市には釣りができる海釣り施設がたくさんありますが、福浦岸壁は横浜八景島のそばにある釣りのできる公園です。車でのアクセスもよく、釣り専用の公園ではありませんが、横浜市のみならず、関東でもメジャーな釣り場の一つです。

釣り場の総延長は3km近くもある大きな釣り場で護岸とテトラポッドで形成されています。高さ1.2m以上の護岸があるので、初心者や子供連れにもおすすめです。シーバスやクロダイ、遠投すれば青物の魚影も濃いのでベテランでも満足する釣り場です。アクセス方法や駐車場情報も参考にしてください。

2019年9月9に東京湾を直撃した台風15号の影響で、本牧海釣り施設、大黒海釣り施設、浮島釣り園などの東京湾岸の釣り公園が閉鎖や部分営業に追い込まれましたが、福浦岸壁も大きなダメージを受けました。東側の護岸の破損が大きく、現在、公園のほとんどのエリアで立ち入りが禁止・制限されています(2019.9.29現在)→2019.11.10現在もほぼ同様

基本データ

住所神奈川県横浜市金沢区福浦1丁目15−10
管理者横浜市港湾局
料金無料
駐車場有料駐車場あり
利用時間24時間開放 
休場日なし
交通アクセス自動車 首都高速湾岸線並木ICから2kmくらい
電車は京急杉田駅で横浜シーサイドラインに乗り換え福浦駅下車、又は八景島駅下車

福浦岸壁はどんな釣り場? 釣れる魚の種類は?

福浦岸壁は横浜市の八景島の北側の対岸のL字に延びる公園で、約2kmにわたり釣りができるエリアがある公園です。近隣にはこコインパーキングもありアクセスのよい釣り場です。足元にはテトラなどが入っている個所もあり、メジナやクロダイ、根魚系の魚影も濃い釣り場です。アジ、サバ、秋にはイナダなどの回遊も見られ、太刀魚の夜釣りでも有名です。

福浦岸壁で釣れる魚 冬は海苔メジナ!!ギンポ多い!!

福浦岸壁では様々な魚を釣ることができます。東側のテトラ帯や外海に近いエリアではメジナ、クロダイ、ギンポ、海タナゴなどの実績があります。青物が狙えるのもこちら側です。

八景島側の南のマリンゲートからヘリポートまでのエリアも、多くの釣り人がいますが、カサゴやメジナ、クロダイなどは同様に狙えます。にこちらはやや水深が浅く、釣り座が高いので、大物をかけると長いタモ網が必要です。

福浦岸壁で釣れる魚:

ルア―:シーバス、クロダイ、カサゴ、タチウオ、メバル

ウキ釣り:クロダイ、メジナ、海タナゴ、タチウオ、海タナゴ

サビキ系:イワシ、アジ、サッパ

ちょい投げ:シロギス、ハゼ、カレイ

など。季節によっては 回遊魚(サバ、イナダ)も潮通しがよいので廻ってきます。 コマセの使用は可能ですが、護岸が高くコマセが打ちにくいため、かご釣や投げサビキのような釣り方をお勧めします。なお八景島付近ではコマセ禁止のようです。

冬場は、ノリえさでメジナを狙う人が大勢います。

このようにテトラがたくさん入っていますので、テトラの切れ目を狙いましょう(くれぐれもテトラに乗らないように)

なお、根魚狙いならばテトラの間を狙ってみるのもよいと思います。ギンポがよく釣れます。

福浦岸壁の釣り場紹介

八景島前の上記マップの緑色のエリアは2019.11.12現在、釣り人が沢山います。黄色のエリアより北側のエリアは立ち入ることができません。


福浦岸壁東側

東側は、メジナ、ウミタナゴ、ギンボなどがテトラ際に多く、特に海苔でメジナが釣れるポイントでもありますが、2019年の台風被害でほとんどの場所が入ることができません。

福浦岸壁八景島対岸

八景島マリンゲート前のポイント
水深が浅く、エサ取りのフグが多い
テトラが入っているあたりには根魚系もいます。

福浦岸壁はこのように護岸前に1メートルくらいの出っ張りがあります。ここに仕掛けをひっかけないように気を付けてください。
福浦岸壁北部(幸浦から福浦方面を見た情景)広範囲にテトラが入っています。

釣り具のレンタル・餌の販売

釣り具のレンタルはありませんので、ご用意ください。近くの釣具店などでご用意ください。大田他の釣具店は 釣具のポイント 金沢文庫ユニオンセンター店 神奈川県横浜市金沢区泥亀2丁目5−1 ユニオンセンター 2F  」が近いですが、餌の販売のみであれば「ファミリーマート ウシオ福浦店  神奈川県横浜市金沢区福浦2丁目9−5 」で販売しています(2019.10.1販売確認)。

追記:2019.11.1  ファミリーマート横浜八景島店でも釣りえ餌の釣り扱いを確認できました。

仕掛け・タックル紹介

秋のタチウオ仕掛け

秋に東京湾では太刀魚の回遊がありますが、餌釣りで狙うのがよい一般的です。福浦岸壁の場合は護岸際は水深があまりないのでやや遠投する必要があり、取り込みや仕掛けの長さを考慮するとと5m以上の固めの磯竿で遠投するのがよいでしょう。※管理人は11ftのショアジギングロツドを使用しましたが、福浦のように釣り座が高く、沖に投げるため、浮き下ハリスを長くする必要がある場合は、取り込みに難がありますので、長い竿を推奨しすま。

ショアジギング用仕掛け

図は10ft(3m)となっていますが、この釣り場ではもつと長くても大丈夫です。ショアジギングの場合は、8ft(2.4m)くらいの短めの竿でもそれほど問題はありません。

ウキ釣り仕掛け

ウキ釣りの場合、福浦でのターゲットはメジナが多いと思います。護岸際などは、浮き下が1mくらいでも釣れますので、シーバスロッドにウキ釣り仕掛け(誘導式にしなくてもよい)で狙えます。

台風被害と立入禁止区域

福浦岸壁は2019.9.9の令和元年台風15号の被害を最も受けた施設の1つです。写真のとおり、護岸(防波堤)の一部が風と波の影響で損壊していますが、コンクリートの護岸やテトラの先端が崩れている個所もあり、台風の衝撃の強さを物語っています。

一部立入禁止ではない地域はあるものの、東側の岸壁はほぼ全面立入禁止、現在、つりが可能なエリアは、八景島入口付近(海辺の散歩道)の限られたスペースのみとなっています。堤防損壊ヶ所には、土嚢が積まれ、とりあえずは波の進入を防いでいる状態ですが、復旧は未定です。

土嚢は台風19号で崩れ、このような黒い土嚢がさらに積み上げられています。

福浦岸壁への車でのアクセス最寄りの駐車場はどこ?

福浦岸壁付近の駐車場

福浦岸壁には、車で行くのが便利です(駅から釣り場までやや遠いため)。駐車場は沢山ありますが、八景島近くで釣る場合は、八景島入口ゲート前にたくさんあります。

八景島付近の方が駐車場が多い(タイムズ 海辺の散歩道)

以上、福浦岸壁での釣りのご紹介でしたが、東京近郊、神奈川県の釣り公園が台風による被害で半分以上閉鎖されていますので(2019.9.22現在)、貴重な釣り場として、福浦岸壁の復旧が望まれます。

現在は岸壁の70%近くが立ち入りできませんが、八景島付近の海の散歩道あたりでは釣り可能ですので、従来はそれほど人気のポイントではありませんでしたが、こちらの人気がでてきそうですね。

東京近郊の海釣り公園の被害状況、営業再開状況はこちらをご覧ください(随時更新)

コメント

タイトルとURLをコピーしました