東京湾沖堤防5選|渡船でお手軽沖釣り

ブログ

東京湾には湾奥の堤防(岸に隣接した堤防)とは別に沖堤防が無数に存在します。特に神奈川県横浜市(横浜港)に多いのですが、多くの沖堤防は渡し舟で行くことができ、そこで釣りをすることができます。神奈川県、千葉県には渡船をメインにしている船も多く、料金もリーズナブルです。

沖堤防での釣りのメリット

❶水深がある堤防が多く、ジギングなど水深がある場合が有利な釣り方や船からの釣りのように垂直に底を狙う釣り方ができる。

❷釣り人が少なく、通常はそれほど混んでいないので、魚がスレていない。

❸潮通しがよく、水温が安定しているため、回遊魚や、シーズンではなくても(特に冬季に)クロダイやシーバスがダイレクトに狙える(冬場のクロダイは特に水深の深いところへ落ちていきます。)

❹船に乗っている時間が短いので、船酔いの心配がない。 船からの釣りではないので、足場が安定していて、揺れない

❺船釣りに比べて料金が安い

などが挙げられます。

東京近郊で渡船できる沖堤防

東京湾には意外と多くの渡船で行ける沖堤防があります。本記事では、気軽に渡船ができる(と言ってもライフジャケットは必ず着用して下さい)沖堤防(島などを含む)を紹介します。

神奈川県の沖堤防・渡船で行ける釣り場

川崎市、横浜市、横須賀市にそれぞれあります。その他もたくさんありますが3つ厳選してご紹介します。

❶川崎新堤|川崎市東扇島沖にある堤防

川﨑沖提は、東扇島沖に位置する一文字堤防ですが、水深がかなりあり、ジギングやシーバス、クロダイがよく釣れます。特に青物については、シーズンの夏から秋にかけては回遊ルートに高確率であたりますので、東扇島西公園よりも青物遭遇の確率は高くなり、よく釣れています。

渡し舟は川崎市の長八海運(株)、横浜市の山本釣具店から出ています。

❷横浜沖堤|横浜港にある11の堤防や灯台などに渡れます

❸野島防波堤|横須賀沖にある堤防(ハナレ、新堤)

横須賀市の日産自動車工場の沖合にある沖堤防で、やや崩れかけていますが、関東有数のクロダイの有名釣り場です。

渡船は村本海事から出ています。

❹猿島|東京湾唯一の無人島 横須賀沖のシーバスのメッカ

猿島は東京湾唯一の無人島ですが、横須賀の三笠公園から連絡船が出ています。10分少々で到着します。※夜は滞在できないので注意!! 3月1日~11月末日までは8時30分~16時30分までに1時間に1本(計9本)運行しています。それ以外の冬季については土日のみ運行です。観光や海水浴、バーベキュー目的が多く、釣り人はそれほどいませんので、穴場とも言えます。

千葉県の沖堤防・渡船で行ける釣り場

千葉県にもお送り渡船がありますが、有名な木更津沖邸をご紹介します。

❺木更津沖堤|千葉県木更津沖の堤防群(A~D堤の4つの堤防で構成)

千葉で一番といっていいほど有名な渡船の沖堤防です。各堤防間はある瑋で移動できないので、渡船が来るときに移動しましょう。

長浦突堤|第一~第三突堤  ※次点

渡し舟は「こなや丸」が利用できます。

沖堤防での釣り方

禁止されていない限り、かなり自由度の高い釣りができます。水深の深い沖堤防では、ジギングやシーバスのルアー釣りが盛んで、人気はヘチ釣りです。

なお、横浜港内や木更津沖提などのやや水深が浅い、又は流れがあまりない釣り場では、はウキ釣りやチョイ投げ、サビキ釣りなども可能です。また、エギングなどの軟体系狙いの釣り人も多くいます。

※各釣り場の詳細については、個別のページで詳しくご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました