神奈川の釣り場

ブログ

東京近郊海釣り施設の営業状況|緊急事態宣言後の状況2020.4.13更新

海釣り公園では、管轄自治体の要請等を受け、営業制限がかかっています。以下、海釣り施設の状況です。 若洲海浜公園 ×完全に公園も休園本牧海釣り施設 △➡×(~5/6まで)大黒海釣り施設 △ ➡×(~5/6まで) 磯子海釣り施設 △ ➡...
ブログ

東京湾バチ抜け予想2020年|時刻は羽田基準|バチ抜けカレンダー3月、4月

東京湾でバチ抜けシーズンが始まっています。バチ抜けは、バチ(ゴカイやイソメ)などの産卵行動で、川面に誤解やイソメが一斉に泳ぎまわり、バチを狙って魚が河口などにやってきます。
ブログ

多摩川マルタウグイのポイント5選|中流域でマルタウグイを迎撃!!

マルタウグイは例年、多摩川などの河川を遡上し、各河川や、東京湾内でも釣れます。京浜運河や豊洲などでも釣れますが、狙って釣るには、河川が最適です。特に多摩川中流域は浅瀬が続き、水深のある荒川、江戸川に比べ、マルタウグイのポイントを絞りやすい河川とも言えます。
ブログ

【本牧海釣り施設】復活!!横浜市最大の海釣り施設

本牧釣り施設は、神奈川横浜市中区にある海釣り施設(海釣り公園)です。 横浜市が本牧埠頭D突堤内に開設した海釣り施設で昭和53年7月31日に開園した施設ですから、開園から40年以上経過しています。渡り桟橋(長さ300m×幅10m)の釣り台が沖にL字型に突き出した構造でかすが、護岸前の海底に廃船やコンクリート管などを沈めて魚礁としているため、シーバスやクロダイその他居つきの魚種も多く、横浜市の海釣り施設の中でも、魚影は濃く、屈指のストック量を誇ります。
ブログ

川崎【殿町第2公園】多摩川屈指のウェーディングポイント|シーバスバチ抜けポイント1

殿町公園は、多摩川河口の川崎市側にある公園で、公園わきから河川敷に降りることができます。満潮時はストラクチャー、ゴロダ石などがたくさんあるため、岸際までシーバスが寄ることが多いですが、なんといっても干潮時にウェーディングすることができるのが、シーバスアングラーにとっては醍醐味です。水深がそれほどないため、ウェーダー(胴長)でなくても、ある程度は川の中に入れますが、膝下ぐらいの長靴ではあまり意味がないので、少なくともバカ長( 股まである固い長靴 )はあった方がよいと思います。
ブログ

本牧海釣り施設一部復旧

2019年の台風15号の被害により長らく営業を中止していた本牧海釣り施設が、営業を再開しました。 【ご 案 内】<本牧海づり施設、部分再開のお知らせ>台風15号の被害により営業を休止していました本牧海づり施設につきまして、1月3...
ブログ

バチ抜けシーズンのシーバス釣り|東京近郊バチ抜けポイント紹介

バチとはゴカイやイソメなどの総称です。川や海に普通に生息していますが、バチが産卵のために一斉に水面を泳ぐ現象をバチ抜けといいます。 バチ抜けシーズンは、シーバス釣りの冬場のチャンスタイムですが、通常、ヤマトカワゴカイという河口に住むゴカイが、大潮~中潮の満潮から下げ3部くらいの間に一斉に海底から出て、産卵行動をとるのがバチ抜けです。
ブログ

遠投かご釣りのススメ|東京近郊遠投かご釣りポイント5選

遠投かご釣りは、投げ竿や磯竿でかご釣り仕掛けを遠投し、深場の魚を狙う釣りで、数十メートル遠投すれば、岸際の浅場では釣れないような魚を狙うことができます。東京近郊では、江の島や横須賀、城ヶ島などで遠投かご釣り師と呼ばれる独自のスタイルの釣り師が多いのですが、今回は冬場でも一発大物が狙え,遠投カゴ釣りについて、厳選した5か所の釣り場を含めて紹介します。
ブログ

【大黒ふ頭西緑地公園】大黒海釣り施設傍の隠れ釣り場

大黒ふ頭西緑地は、超有名な大黒海釣り施設の近くということもあり、あまりメジャーではなく、駐車場も早期に閉まってしまうため、訪れる人はあまり多くはありませんが、ベイブリッジの真下という好立地で、横浜市の穴場釣り場の一つです。
ブログ

深夜営業釣具店マップ|東京湾岸-相模湾岸の深夜営業・24時間営業の釣具店マップ!

週末や仕事帰りに不意に釣りに行きたくなったとき、仕掛けや餌がない場合、どうしてもルアーフィシングばかりになりがちです。そこで、東京近郊で深夜まで営業している釣り具店の特集してみました。東京湾岸~相模湾岸(神奈川県内)までの範囲で、24時間又は深夜まで営業している釣り具店の紹介です。深夜、早朝などの釣りにご活用ください。