東京の釣り場

ブログ

伊豆七島でお手軽に離島FISHING|堤防からモンスター級も!!

伊豆諸島(伊豆七島)は東京都の竹芝桟橋から気軽に行ける東京都の離島で、特に大島屋八丈島が人気がありますが、その他の島も非常に魚影が濃く、水深もドン深の太平洋の島であるため、巨大魚の宝庫となっています。 伊豆諸島(伊豆七島)と...
ブログ

【荒川ロックゲート】荒川シーバスの一級ポイント ウナギやキビレも

荒川下流部の釣り場で、小松川公園の南に位置する荒川と旧中川とを結ぶ閘門(こうもん・ロックゲート)と呼ばれる施設ですが、ロックゲートの東側の荒川合流部が釣り場となります。 電車でのアクセスもよく、電車釣行・自動車釣行ともにもおすすめの釣り場...
ブログ

【東海緑道公園】大田市場横の好釣り場|東海ふ頭公園横の秘境

京浜運河南端、大田市場の南川の緑道公園。運河と海の出入り口にあたりシーバスの回遊ルートとなっています。
ブログ

東京湾マダコ(真蛸)が好調!!|東京湾真蛸フィーバー7つの釣り場

2019年から東京湾にマダコフィーバー到来!! 世界的なタコ需要の拡大から、輸入物のマダコの価格は高騰しています。しかし、東京湾岸の釣り人には朗報があり、なんと、東京湾でマダコが増加しています。 明らかに、マダコの増殖が確認...
ブログ

【新左近川親水公園】テナガエビ、ハゼの一級ポイント。稀にウナギ、シーバスも!!

新左近川親水公園は、荒川と接続する左近川(水路)の西の端の部分であり、東側の左近川は旧江戸川とつながっています。 荒川河口(ほぼ海)と接続しているため、西に行くほど、海の様相が強くなり、海水性の魚が多くなります。 夏場には、ボ...
ブログ

東京近郊テナガエビポイント|3大河川でお手軽テナガエビ釣行

テナガエビは、 淡水域、汽水域(加工まで)に生息するやや大型のエビで、第2歩脚が長く発達する特徴的な形をしており、食用では、空揚げなどが人気です。 テナガエビの仕掛け 釣るのも簡単で、スルメイカやベビーホタテなどでも釣れます。...
ブログ

東京近郊海釣り施設の営業状況|緊急事態宣言後の状況2020.4.13更新

海釣り公園では、管轄自治体の要請等を受け、営業制限がかかっています。以下、海釣り施設の状況です。 若洲海浜公園 ×完全に公園も休園➡7/1再開予定本牧海釣り施設 △➡×(~5/6まで) ➡6月1日(月)より営業を再開 大黒海釣り施設...
ブログ

東京湾バチ抜け予想2020年|時刻は羽田基準|バチ抜けカレンダー3月、4月

東京湾でバチ抜けシーズンが始まっています。バチ抜けは、バチ(ゴカイやイソメ)などの産卵行動で、川面に誤解やイソメが一斉に泳ぎまわり、バチを狙って魚が河口などにやってきます。
ブログ

多摩川マルタウグイのポイント5選|中流域でマルタウグイを迎撃!!

マルタウグイは例年、多摩川などの河川を遡上し、各河川や、東京湾内でも釣れます。京浜運河や豊洲などでも釣れますが、狙って釣るには、河川が最適です。特に多摩川中流域は浅瀬が続き、水深のある荒川、江戸川に比べ、マルタウグイのポイントを絞りやすい河川とも言えます。
ブログ

バチ抜けシーズンのシーバス釣り|東京近郊バチ抜けポイント紹介

バチとはゴカイやイソメなどの総称です。川や海に普通に生息していますが、バチが産卵のために一斉に水面を泳ぐ現象をバチ抜けといいます。 バチ抜けシーズンは、シーバス釣りの冬場のチャンスタイムですが、通常、ヤマトカワゴカイという河口に住むゴカイが、大潮~中潮の満潮から下げ3部くらいの間に一斉に海底から出て、産卵行動をとるのがバチ抜けです。