千葉の釣り場

ブログ

【日の出三番瀬沿い緑道】浦安最奥の1級釣り場|シーバス・潮干狩りで有名

日の出三番瀬沿い緑道は、高州海浜公園、浦安電波塔下と並ぶ浦安3大釣場の一つで、浦安市の最東端の釣り場です。車でのアクセスは駐車場からやや遠いものの、徒歩10分程度で釣り場に到着します。有名な三番瀬上にあり、年中シーバスガ釣れ、夏から秋には青物の回遊が見られます、また、潮干狩りでも有名で、アサリや最近ではホンビノスガイなどでも有名です。
ブログ

高州海浜公園|千葉浦安のファミリー向けの広大な釣り場

高州海浜公園は、浦安三釣場の一つで、浦安電波塔(ディズニーシー裏)と浦安市総合運動公園に挟まれた広大な釣り場で、釣り座は、電波塔下と並び、東京湾奥最大とも言われています。車でのアクセスもよく、無料駐車場も完備され、夏から秋の青物シーズンには多くの釣り人で賑わいます。
ブログ

バチ抜けシーズンのシーバス釣り|東京近郊バチ抜けポイント紹介

バチとはゴカイやイソメなどの総称です。川や海にア通に生息していますが、バチが産卵のために一斉に水面を泳ぐ現象をバチ抜けといいます。 バチ抜けシーズンは、シーバス釣りの冬場のチャンスタイムですが、通常、ヤマトカワゴカイという河口に住むゴカイが、大潮~中潮の満潮から下げ3部くらいの間に一斉に海底から出て、産卵行動をとるのがバチ抜けです。
ブログ

遠投かご釣りのススメ|東京近郊遠投かご釣りポイント5選

遠投かご釣りは、投げ竿や磯竿でかご釣り仕掛けを遠投し、深場の魚を狙う釣りで、数十メートル遠投すれば、岸際の浅場では釣れないような魚を狙うことができます。東京近郊では、江の島や横須賀、城ヶ島などで遠投かご釣り師と呼ばれる独自のスタイルの釣り師が多いのですが、今回は冬場でも一発大物が狙え,遠投カゴ釣りについて、厳選した5か所の釣り場を含めて紹介します。
ブログ

深夜営業釣具店マップ|東京湾岸-相模湾岸の深夜営業・24時間営業の釣具店マップ!

週末や仕事帰りに不意に釣りに行きたくなったとき、仕掛けや餌がない場合、どうしてもルアーフィシングばかりになりがちです。そこで、東京近郊で深夜まで営業している釣り具店の特集してみました。東京湾岸~相模湾岸(神奈川県内)までの範囲で、24時間又は深夜まで営業している釣り具店の紹介です。深夜、早朝などの釣りにご活用ください。
ブログ

【富津新港】車で堤防まで入れる内房では貴重な釣り場

富津新港は千葉県中南部に位置する釣り場で、木更津港と並び、この辺りで最大級の釣り場です。木更津港よりもさらに南に位置し、車で行く釣り人がほとんどですが、釣り座の近くに車を横づけができる貴重な釣り場のため、 近年みなと公園側の大堤防に入れなくなるなど、釣り場の規模が縮小していますが、県内のみならず、東京、神奈川からも多くの釣り人が訪ずれます。
ブログ

2019年末~2020年始の釣り公園・海釣り施設の営業状況

2019年の年末は、多くの方が2019.2.8~2020.1.5あたりまで年末年始休みで、今年は9連休の方が多いと思われますが、釣りに行かれる方も多いと思います。年末年始、特に年始は、海釣り施設の営業時間の変更や休園などがありますので気を付けてください。今回は、主に2020年元旦前後の東京近郊の海釣り施設の営業状況を掲載します。
ブログ

【木更津港】内港公園|駐車場横付けのファミリー向け釣り場

木更津港は、内港公園駐車場の前がすぐに釣りができ便利です。水深は護岸際はあまりないのですが、内港公園から南側の港内や中の島大橋方向に、沖に30mくらい投げると、船道になっているため水深があり、ハゼやカレイが付いていたりします。根ががりはそれほどありません。内港北公園周囲や内港公園脇の船着き場もポイントです。
ブログ

東京湾沖堤防5選|渡船でお手軽沖釣り

東京湾には湾奥の堤防(岸に隣接した堤防)とは別に沖堤防が無数に存在します。特に神奈川県横浜市(横浜港)に多いのですが、多くの沖堤防は渡し舟で行くことができ、そこで釣りをすることができます。神奈川県、千葉県には渡船をメインにしている船も多く、料金もリーズナブルです。
ブログ

【袖ヶ浦海浜公園】千葉湾岸の穴場 駐車場、自販機、トイレも完備

アクアラインから近い釣りのできる公園です。全体にテトラが入っていますが、柵(手摺り)で囲われていますので、子供連れでも安心して釣りかできます。無料駐車場も完備されています、夏は、ダツや青物、タチウオなどが狙えます。青物やシーバス狙いのルアーマンや投げ釣りも多い釣り場です!!